2013年12月18日

スパゲッティコード

イマイチなソースコードのことをスパゲッティコードと呼びますが、
これは処理が複雑に絡み合っていてよくわからない様をスパゲッティに例えているようです。

では良いソースコードとはどういうパスタかを考えてみました。


(1) カペッリーニ: スパゲッティよりも細いロングパスタ

スパゲッティよりも細いということは、さらにダメなソースコードでしょうか。


(2) タリアテッレ: きしめんのような平たいロングパスタ

平たい分スパゲッティよりはマシですが、まだ複雑に絡み合っている感じです。


(3) ペンネ: 筒状のショートパスタ

ショートパスタはひとつひとつの処理が短いというイメージでしょうか。
悪くないですが、まだパスタが乱雑に並んでいる感じです。


(4) ラザーニェ: いわゆるラザニア

ラザニアはパスタが比較的綺麗にならんでいます。
パスタが大きすぎる(=モジュールが大きすぎる?)気もしますが、
大分良い感じになってきました。


(5) ラビオリ: 具を包んだパスタ

パスタ間で具を共有しないという、非常に優れた設計ですね。
(もちろんさらにソースをかけるラビオリもありますが。。)
大小様々なラビオリがありますが、大きめのラビオリは綺麗に盛りつけることも多く、
ソースコードの目指すべき姿かもしれません。


posted by ゆうと at 13:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

Amazon Route53 の基本設定

imazeki.jp ドメインを取得しました!
今のところ特にドメインの使い道はないのですが、せっかくなので Amazon Route 53 で管理しつつ、AWS のさまざまな機能を紹介していこうと思います。

Route 53 の基本的な設定方法

1. Create Hosted Zone をクリック
2. 画面右、Create Hosted Zone の Domain Name にドメインを入力

r53_1.jpg

3. 画面右、Delegation Set の内容をドメイン側の設定に入力

r53_2.jpg

以上で利用可能となります。
各種レコードの作成は、画面右上の Go to Record Sets ボタンで下の画面を開き、Create Record Set から行います。

r53_3.jpg


次回は Amazon S3 への独自ドメインの割り当てについて紹介する予定です。

ラベル:route 53 AWS
posted by ゆうと at 22:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

ImportError: No module named webob

Kay Framework の manage.py で ImportError: No module named webob がでる問題への対処法 (Mac OS)。

/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/lib/webob_1_1_1
へのシンボリックリンク webob を同じディレクトリに作成する。
$ ln -s webob_1_1_1 webob

posted by ゆうと at 15:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする